【サッカーパック人気2位】 【代表うぉっち】「僕にはマリノスが染み付いている」畠中槙之輔がベネズエ…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【ニュース】施設基準の例外適用申請により、町田、鹿児島、琉球に初めてJ1ライセンスが交付される。水戸が昨年に続き解除条件付きのJ1ライセンスに。

2019年9月27日、JFAハウスにて、2020シーズンに関するJリーグクラブライセンス判定結果発表および説明会が開催された。

会見にはJリーグ経営本部クラブ経営戦略部 部長 兼 ライセンスマネージャーの青影宜典氏が出席し、説明を行った。

2020シーズンのJリーグクラブライセンスには、合計48クラブがライセンス申請を行い、44のクラブにJ1クラブライセンス、4クラブにJ2ライセンスが交付された。
各クラブのライセンス判定結果は以下の通り。

※クリックすると大きな画像でご覧いただけます


今回新たに町田、鹿児島、琉球がJ1ライセンスを取得した。これは、昨年12月に発表されたスタジアム施設基準の例外適用申請によるもの。

一定の要件を満たしていれば、例外を認め上位のライセンスを取得できるようになる。

スタジアム基準改定の背景について「このままいくと我々が意図しない方向性に巨額のお金を使ってスタジアム整備が進む可能性があったので、できるだけ方向修正したい思いがありました(Jリーグ・青影氏)」~スタジアム基準の改定についての会見より(6)~

またJ2水戸が昨年に引き続き、J1基準を満たす笠松運動公園陸上競技場をホームスタジアムに申請したことで、J1ライセンスが付与された(※解除条件付き)。今季終了後に順位要件(2位以内、もしくは昇格POの勝者)を満たすことができれば、J1昇格することができる。

クラブライセンス交付第一審機関(FIB)決定による 2019シーズン Jリーグクラブライセンス判定について(Jリーグリリース)

※会見でのコメント等は後日お届けする予定です。

『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』とは


『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』は、Jリーグを中心に日本サッカーの色々な話題を現場第一主義で深読みするWEBマガジンです。

クラブリリースの深層を解説する記事、選手の移籍に秘められた裏話、Jリーグ理事会の会見で語られた全容など、現地で取材を続けるからこそ得られる情報を配信していきたいと思います。また、選手や監督だけでなく、クラブフロントのインタビューなど、日本サッカーを取り巻くイシューを多角的な視点で取り上げていく予定です。

愛情と情熱をもって取材を行い、Jリーグや日本サッカーの魅力をより感じていただけるようなメディアを目指します。ぜひご一読ください。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック