【サッカー人気3位】大槻さんらしさも感じた対3バック レー…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

「来年度以降、J3をどのように活性化させていくのか大きな課題だと認識しています(村井チェアマン)」J.LEAGUE PUB Report2019発行に関するメディアブリーフィングより(2)

2019年12月23日、JリーグはJFAハウスにて、J.LEAGUE PUB Report2019発行に関するメディアブリーフィングを開催した。
ブリーフィングでは、村井満Jリーグチェアマンが全体の総括を行ったほか、原博実副理事長がフットボールの分野を、木村正明専務理事が事業領域、米田恵美専務理事が財務と社会連携について、それぞれの分野別に振り返った。

今回から数回に分けてブリーフィングの様子を出席者のコメントを追いながらお届けします。

(1)はこちら

○村井満Jリーグチェアマン

これを別の角度で見ると、我々の言葉で言うと団子3兄弟、真ん中にあるのがフットボールで、事業サイド、社会連携サイド、この3つが連携してJリーグを構成しています。なによりこの3つを横串を通して差していく、先ほど太陽と表現しましたがファン・サポーターの皆様が全てにおいて関連していただいています。そしてお皿に当たる土台の部分が経営の基盤となります。Jリーグの将来、どうありたいのかというビジョンを定め、予算を作成し、人員の手配をして、こうしたお皿という土台の上に乗った団子という見方ができるかもしれません。

(残り 827文字/全文: 1313文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック