【サッカー人気3位】【J1騒乱】実はすごい。浦和レッズ大槻…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【ニュース】Jリーグ、45クラブ(20年1月決算)の経営情報を先行発表。神戸はJリーグ史上最高収益となる114.4億円を計上。鳥栖は20.1億円の赤字、FC琉球は4期連続赤字。

5月27日、2019年度クラブ経営情報開示(先行発表)に関するメディア説明会をWebにて開催した。
今回の発表では、新型コロナウイルスの影響により決算の確定が延期となった6クラブ(水戸、栃木、東京V、横浜FC、相模原、山口)と、3月決算の4クラブ(柏、YS 横浜、湘南、磐田)を除く45クラブが対象。
会見にはJリーグ木村正明専務理事、 鈴木德昭クラブ経営本部本部長、クラブライセンス事務局 クラブライセンスマネージャーの村山勉氏がが出席し、村山氏が概要の説明を行った。

Jリーグ公式サイトにて、クラブ別経営情報先行発表の資料が公開されています。
Jクラブ個別経営情報開示資料(平成31年度)(PDF)
2019年度クラブ経営情報開示資料(2020.5.27現在)(PDF)

主なトピックスとして発表されたのは以下の通り。

(残り 616文字/全文: 970文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック