【サッカー人気5位】最強の敵を前に、浦和が採るべき策とは【…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【ニュース】広島vs名古屋戦の開催中止を受けて、Jリーグ名古屋とが合同会見を実施。「(エントリーしている)選手の中に濃厚接触者がいるとすれば、確実に安全と言える状況ではない中で試合を行う可能性もあるものですから、朝の段階での協議で試合を中止する判断をしました(村井チェアマン)」

7月26日(日)名古屋グランパスにて新型コロナウイルス感染症の検査で3名が「陽性」であることが確認された影響により、本日行われる予定だった広島vs名古屋戦の開催中止を受けて、Jリーグ・名古屋グランパス合同WEB記者会見を行った。
会見にはJリーグ村井満チェマンと名古屋グランパス小西工己社長が出席し、事実関係の説明と中止の経緯について説明を行った。


○村井満チェアマン
「今朝8時より、私チェアマンと小西社長、専門家の三鴨選手を交えて共有と今後のについて協議を行いました。
概要については事実関係を時系列でお伝えします。

すでにご案内の通り、宮原和也選手がPCR検査の結果陽性であることが24日に判明しました。23日に発熱し、その後PCR検査を行ったことはすでに発表されている内容です。クラブとしては、チーム内に陽性判定が出たので、クラブの判断で60名のPCR検査を行いました。そうしたところ、渡邉柊斗選手とチームスタッフ1名が陽性であると、チームスタッフ1名が陽性であると判明しています。逆に言えば、58名が陰性であるということ、チームは本日広島でゲームがある関係で、陰性である16名+スタッフ1名で向かっている状況でした。

そういったステータスの中で本日朝8時からの協議となりました。
最終的には、いわゆる濃厚接触者の特定は名古屋市保健所の管轄になると聞いていますが、今日の夕方や夜にかけて濃厚接触者の判定が出ます。仮に広島に移動している17名全員が陰性ではあるものの、この選手の中に濃厚接触者がいるとすれば、確実に安全と言える状況ではない中で試合を行う可能性もあるものですから、朝の段階での協議で試合を中止する判断をしました。

一連のプロセスについてチェアマンとして評価をしているわけですが、まず7月17日に第3回のJリーグの公式検査を行っています。今回の3名を含めて全員に対して適正に検査されたことを確認しています。この3名も行動管理・健康管理をして濃厚接触を控えるような生活およびトレーニングや試合運営を行っていたので、クラブとしては大きな瑕疵があったわけではないと認識しています。

ただ今回の新型コロナウイルスの非常に難しいところは、こうした厳格な行動管理をしていても、可能性ですけど7月17日以降に3名が何がしかのルートで感染したと思われます。こうした状況は本人に感染の責があるわけでなく、今回のコロナウイルスの難しさを再認識する次第です。

幸いにも渡邉柊斗選手とチームスタッフ1名の2名は自覚症状が無い状態で陽性が出たわけですが、宮原選手を含めた3名は家で静養しています。まず今回のPCR検査の判定前までの段階で、適切に対応していたと認識しています。そして宮原選手の陽性判定が出た後、急きょクラブの判断で全員にPCR検査を実施した判断も含めて、妥当なものであると認識しています。

また試合再開においても、陽性判定者が出た場合に、ガイドラインにはGKの1名を含めて14名が準備できるのであれば、なるべく試合運営に向けて努力するべきであると定めされています。クラブは全員陰性であることを判断した上で、17名を広島へ送っていますので、ガイドラインに基づいた行動だったと認識しています。

今日の協議を受けて、リーグとクラブとの協議の中で濃厚接触の判定タイミングから試合を行わないことを確認しました。今後チームの状態を注視しながら、次は8月1日の試合(柏戦)に向けて準備していくことと、本日中止した試合についての代替日程に関しては、なるべく速やかに状況を注視しながら判断してまいりたいと考えています。

改めて今回、公式検査の結果の中ではありませんが、チームから陽性判定が出ているので、今後も引き続きしっかりと感染予防対策等に努力していくことを認識しています」


また、名古屋グランパス・小西社長は、本日発表になった2人の陽性判定者についての経過について説明した上で、次のように述べた。

渡邉 柊斗選手とトップチームスタッフに新型コロナウイルス感染症の陽性反応についての経緯(名古屋公式)

「渡邉選手およびトップチームスタッフについては、宮原選手との濃厚接触者には該当しておらず、直近2週間の行動履歴を確認しましたが、練習参加以外は基本的に渡邉選手はクラブの選手寮、トップチームスタッフは自宅で生活し、 必要な買い物等外出は最低限にとどめていました。現状2人とも体調に異常はありませんが、渡邉選手は選手寮内で隔離、トップチームスタッフは自宅でそれぞれ静養しております。また2人の濃厚接触者につきましては、現在保健所とともに特定を進めています。

本日は、先ほどチェアマンからも話があったように、Jリーグ第7節広島戦の試合日ですが、トップチームから3名の新型コロナウイルス感染症の陽性判定者が出たことを受けて、Jリーグのプロトコルに従い、14名の登録選手で試合に臨める方法を最後の最後まで探りましたが、本日陽性判定の出た2名の濃厚接触者が特定される時間がはっきりせず、特定が試合直前になってしまう事も予想されるため、やむなく14名の登録が難しい旨を本日Jリーグに説明し協議されていただいた次第です。
その結果、本日の試合は中止ということで、Jリーグの判断をいただいた次第です」

また8月1日の柏戦(@豊田ス)に向けては、現在のところ実施する方向で準備しており、31日に行われるJリーグ全体のPCR検査の前にも複数回検査を実施することも明言。「安全安心を確認した上で、全力で8月1日に臨ませていただきますので、何卒皆様方のご理解、よろしくお願いします(小西茶長)」と述べた。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック