【サッカー人気2位】【J1騒乱】[鹿島vs清水]元川悦子と…

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

「DAZN JAPANとしては、Jリーグなしでは想像できないような状況ですので、今回も2年延長をさせていただきました」(DAZN日本・中村駿社長)」~DAZNとの放映権契約延長についてのJリーグ・DAZN共同記者会見より(3)~

8月25日、Jリーグ・DAZN共同の記者会見がWEB上で行われた。
Jリーグからは 村井満チェアマンと木村正明専務理事が、DAZNからはDAZN Group Acting CEOのジェームズ・ラシュトン氏とDAZN 日本の中村俊社長が出席した。

会見では、DAZNとの契約を新たに2年延長し、これまでの契約(2017年~2026年まで、総額2,100億円)から2年延長し2028年までの総額2,239億円という契約となることを発表した。

今回から数回に分けて、会見の内容を見ながらその内容を追っていきたい。

(2)はこちら

~質疑応答~

○DAZN ジェームズ・ラシュトンCEO

Q:DAZNでは撤退されたリーグもあります。コロナ禍でいろいろな取捨選択をされた中で、Jリーグとの契約を延長したことについて、日本市場から離れなかった一番の理由は?

「まずこの新型コロナウイルスの影響は、世界中のどの業界でもその影響はありましたが、特にスポーツ業界には大きな影響がありました。
新型コロナウイルスの影響を受けて、DAZNとしては早い段階から施策を講じてきました。本当にいろいろな皆さまのサポートをいただきました。パートナーの皆様をはじめ社員全員が一丸となって、この難しい状況を乗り越えようと、いろいろなことをやってきました。そして私たちはさらなる発展に向けて、日本を含めて既存のマーケットへの事業展開にも力を入れています。そして我々は、日本のマーケットを非常に大切に思っていてフルにコミットしています。それはすべてパートナーの皆様のサポートなしではできないと考えています。皆さま方からのサポートをいただいたこともあり、私どもも順調に回復していまして、会員数においては今年中にコロナウイルスの影響前のレベルまで回復することを予定しています。これも皆さまのおかげです。パートナーの皆様、そしてJリーグの皆様にサポートしていただいたことで、回復に向かっていると思います。我々は本当に日本市場を信じていますし、ビジネスを今後より発展させていくべく力強く信じています」

(残り 1402文字/全文: 2264文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック