J2昇格&残留争いはどうなる?LIVE(J論)

Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【ニュース】10/17(土)の試合から、太鼓や応援ハリセンなど自席で叩ける鳴り物も使用可能に。※使用可否は主管クラブ(ホームクラブ)の判断による。

10月6日、Jリーグ 新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン(10月6日改定版)が発表され、変更点について黒田卓志フットボール本部長が説明を行った。

黒田本部長の説明は以下の通り。

○黒田卓志フットボール本部長
「私から皆さまへお伝えするのは、ガイドラインの改定についてです。今回の変更点は1点、応援スタイルの見直しです。
10月17日以降、太鼓や応援ハリセン等、自席で叩ける鳴り物について、ホームクラブ(主管クラブ)が使用可否の判断ができるようになります。
クラブごとに使用可否を判断する理由としては、来場制限の中ですので、クラブの中には全席指定をしているクラブもあります。そういったクラブにおいては、適時適応できない場合もあるので、一斉緩和という事ではなく、クラブごとでの可否判断とさせていただきました。
また適応開始時期については、告知や準備期間が必要とするクラブが複数ありましたので、本日から10日後とさせていただきました。

その他、ルールについてはホームとアウェイは同条件としてくださいとお伝えしています。また使用場所も、当然ホームクラブの試合観戦ルールを順守してくださいという事をお伝えしています。

また過去に、スタジアムの座席を叩く行為も確認されていますので、今回叩く行為すべてが容認されているわけではないことも申し添えています」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ