【サッカー人気4位】様々な要素を孕んだ“変身”。深刻さを増…

KAGOSHIMA SOCCER MAGAZINE“カゴサカ☆”

J3リーグ第7節レビューAC長野パルセイロ戦1−2●【鹿児島ユナイテッドFC】

J3リーグ第7節レビュー AC長野パルセイロ戦1−2●【鹿児島ユナイテッドFC・AWAY】

2022/4/29(金) 15:03キックオフ

【AWAY】長野Uスタジアム

天候/気温/湿度  雨  / 12.2 °C /  94 

入場者       1.968人

 

鹿児島ユナイテッドFC 1ー2 AC長野パルセイロ

(前半 1−1  後半 0−1 )

得点者 19分 ロメロフランク  (鹿児島)

53分 森川 裕基 (長野)

59分 森川 裕基 (長野)

前半早いタイミングでアクシデントによりSB薩川が交代。変わってセンターバックが本業の井原が薩川のポジション左サイドバックに入った。リザーブ登録が5人という苦しい状況の中1枚目のカードを切った鹿児島。

しかしその鹿児島がまず試合を動かす。前半19分、井原が送ったボールを米澤が中央へ。そのボールをロメロフランク がヘッドで決めて1−0。鹿児島が先制する。

長野は53分、サイドから森川がボレーで押し込みゴール。さらに後半59分も左サイドからのボールを森川がヘッド決め今日2ゴール、2−1とする。鹿児島は圓道、牛之濵、さらには本業センターバックのウェズレイを前線に配置するなど追加点を狙うがゴールネットを揺らすことはできず1−2、鹿児島は今季初の黒星を喫した。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ