都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

【無料記事】【練習レポート】 フォトレポート&選手コメント(湯澤、大島、手塚) -1138文字- (2016/05/10)

川崎戦に出場した選手は軽めのトレーニングのみで終了。こちらはリフティングをする中谷進之介

トレーニングを終えた小林祐介は、少し離れた位置で7対7の様子を見る

TJは座り込んで7対7の様子を凝視

ハーフコートの7対7+フリーマンが行われ、一番声が出ていたのは鎌田次郎

すでに全体練習に合流しているジュリアーノ ミネイロ。怪我人が多発している状況とあって、そろそろチャンスはありそうだ

この7対7で最もゴールネットを揺らしていたのは、こちらも怪我から復帰したばかりの大島康樹。同期の中山雄太の活躍に続けとギラついている

川崎戦を回避した武富孝介は元気にプレー。大事に至らなくて何より

体調不良で戦列を離れていた中川寛斗も復帰。広島戦は微妙だが、その次の試合には間に合うか

チーム最年長もアピールを続ける。前節に完敗し、怪我人も増えてきたため、こういう時こそ栗澤僚一のような存在が頼りになる

鹿島戦で足を痛めたエデルソンだが、軽症だったためその後の経過は問題なし。広島戦でチャンスは訪れるか

川崎戦に出場した別メ組の大津祐樹と中谷は会話をしながらストレッチ

以下は練習終了後の選手コメント

◯湯澤聖人

「広島は真ん中で作って、サイドが強い、そして守備は結構引いて強いというイメージ。もしチャンスが来たら、自分のやれることを全部出してとにかく貪欲にやろうとは思っています。すごくウズウズしている気持ちもあるんで、自分もチームのために戦えるというところをシモさん(下平隆宏監督)に見せられるようにやっていきたいです。今は同年代の選手が活躍しているので、自分も負けたくないですし、しっかり準備していきます」

 

◯大島康樹

「怪我から戻って1週間ちょっと。だいぶ身体も動くようになってきました。今日の練習では、点を取る感覚は自分の中では良かったかなと思います。同期で試合に出ている(中山)雄太には刺激を貰っているというか、悔しい気持ちも強いですし、雄太はスタメンを取った感じがあるので、自分も出たらあれぐらいやれたら思っています。来週のナビスコは、その次の試合が中2日であるのでいつでも出られるように準備をしています。頑張ります」

 

◯手塚康平

「今は近い年齢の選手が活躍していますし、特に同期の雄太の活躍は良い刺激になっています。雄太が活躍しているので、自分ももっと頑張らないといけないと思いますし、さらに試合に出たい気持ちが強くなりました。シモさんからは5月が始まる時に『5月は連戦が続くから、全員の力が必要だ』と言われています。ナビスコもあって中2日の試合もあるので、良い準備をしなければいけないと思います。今試合に出ている選手と変わらないぐらいのプレーができるように、気持ちは次の広島戦にも出るつもりで準備をしています」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック