「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

下平隆宏監督の試合終了後の会見コメント/ACL 全北 vs 柏【コメント】

○下平隆宏監督

「アウェイの全北戦ということで、我々がしっかり準備してきたものを出せたゲームと、最後やられてしまって悔しいゲームだったと思います。本当にアウェイの雰囲気の中で2点を先制して、最高の形で前半が終わったんですけど、後半は全北さんのクオリティーの高いパワフルな攻撃に終始圧倒されて、それでも自分たちも3点目、4点目を取るチャンスがあった中で、ゴールを許してしまい、最後は逆転負けと非常に悔しいゲームだったと思います。ただ、選手たちは戦ってくれましたし、勝負はどちらに転がってもおかしくなかったゲームだったと思いますけど、そこをモノにできなかった悔しいところと、Kリーグのチャンピオンである全北が素晴らしいチームだったという印象です」

(残り 1023文字/全文: 1343文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ