0‐7の処方箋(J論)

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

大谷秀和「90分を通して、クオリティーの高い場面を多く作れていないのは改善しなければいけない」/J1 第16節 柏 vs FC東京【試合終了後コメント】

○大谷秀和

−どう攻めていくか、攻撃のイメージが共有されていないように映ったが?

「みんなのイメージが合って、ゴール前まで入っていくシーンはそんなになかったので、(加藤)望さんの要求はテンポを上げて、サイドだったら速く、前にどんどん入っていこうという中で、それがなかなか2人、3人とか共有がまだまだだと思いますし、テンポで言えば(手塚)康平が入ってテンポが出たところはありますけど、最後のところ、あとはJ(伊東)やリュウ(小池)がクロスまで行った時に中の枚数が足りていないとか。そういうところは点を奪うところになったら、あそこに人数をかけないといけない。

(残り 955文字/全文: 1230文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ