今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

菊池大介「もうちょっと工夫をしたり、何人かが関わる攻撃をしたい」/J2 第10節 金沢 vs 柏【試合前コメント】

○菊池大介

−最近はトップ下で起用されているが、過去トップ下の経験は?

「ユース時代はやっていました。中学とか、最初はそういうポジションだったんですけど、それからはシャドーとかサイドになりました。もともと自分が好きでやっていたポジションなので、楽しみながらやれるかなという感じます」

 

−サイドで縦へのアグレッシブさを出す持ち味もあるが、トップ下でも違ったアクセントを出せる。

「結構周りとうまく関わることができれば、何回もシュートチャンスを作れるポジションですし、裏に抜けたり、足元でもらったり、いろいろなバリエーションを持った中で動いて引き出せるので、選手としては幅も広がりますし、視野の取り方もサイドは違うので、自分に合っているとポジションだと思います」

(残り 952文字/全文: 1283文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック