【サッカーパック人気2位】 【SBGニュース】羽生英之社長に訊く『ホワイト監督の解任、永井新監督に…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

新戦力の加入でポジション争いの激化が予想されるリーグ後半戦。チーム力向上と、それに伴う勝利のカギは“競争”にある【コラム】

現有の外国籍選手はクリスティアーノ、ガブリエル、ヒシャルジソン、オルンガの4人。攻撃陣という点で見れば、江坂任と瀬川祐輔がいる。

外国籍の枠、およびアタッカーの数では十分な駒が揃っている状況ながら、ここでマテウス サヴィオとジュニオール サントスという2人のアタッカーを補強した理由を布部陽功GMに訊ねた。

「現状の改善しなければいけない点と、来年を見据えた補強です。現状の改善というのは得点数。17節が終わって14得点は22チーム中20位。枠内シュート率は最下位。そういうデータを見ても、補強ポイントはFWだと思っていました。クロス数、ペナルティエリアに入る回数、スルーパスの回数など、アタッキングサードの数字は22チーム中1位です。このデータを見ても、補強はそこだと。最後の一振りがFWだけの問題なのか、それともラストパスの質なのか。それでボランチと2列目の1.5列目の選手とFWというところで2人を絞りました。

(残り 1699文字/全文: 2103文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック