【サッカーパック人気3位】 漢・馬場賢治加入! 勢いづくFC岐阜、一路台風近づく鹿児島へ【J2第2…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

3連勝で首位を射程に捉えた。敵地で勝点3を挙げ、後半戦の好スタートを切る/J2 第22節 徳島 vs 柏【プレビュー】

明治安田生命J2リーグ第22節

徳島 vs 柏

鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム19:00KO

 

〔過去5戦の対戦結果〕

2019年5月12日 J2第13節 ○1−0 H 得:オルンガ

2014年11月2日 J1第31節 ○2−0 H 得:ドゥドゥ、レアンドロ

2014年6月1日 ナビスコ杯GS-7 ○4−1 H 得:田中、工藤2、レアンドロ

2014年3月23日 J1第4節 ○2−0 A 得:橋下、レアンドロ

2010年8月10日 J2第20節 △1−1 A 得:パク ドンヒョク

通算成績:7勝1敗2分(アウェイ通算:1勝1敗2分)

 

前半戦を終えて、首位の山形に勝点差3に迫る3位に付けた。山形、甲府との上位直接対決を制しての3連勝は「チームが持ち直してきた証拠」とネルシーニョ監督も手応えを覗かせている。

ただ、今節の徳島、そして次節の金沢も現在はプレーオフ圏外とはいえ、昇格を視野に入れるチームである。山形戦、甲府戦に続き、今節もまた、上位直接対決で重要度の高い試合という位置付けで臨むべきだろう。

天皇杯に続き、甲府戦でも4得点を挙げ、課題の決定力不足は改善の兆しが見えている。だが連勝を続ける好調のチームにも不安要素がないわけではない。

(残り 846文字/全文: 1356文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック