【サッカーパック人気5位】 ケガでスタンドからチームを見守った広島戦。ライバル松原健の活躍を見た広…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

7連勝と7月全勝への鍵は、試合の入りとセカンドボールの争い/J2 第25節 岡山 vs 柏【プレビュー】

明治安田生命J2リーグ第25節

岡山 vs 柏

シティライトスタジアム19:00KO

 

〔過去の対戦結果〕

2019年3月23日 J2第5節 ●0−1 H

2013年10月16日 天皇杯3回戦 ○1−0 H 得:クレオ

2010年11月27日 J2第37節 △1−1 H 得:レアンドロ ドミンゲス

2010年6月5日 J2第16節 ○2−0 A 得:パクドンヒョク、工藤

公式戦通算成績:2勝1分1敗(アウェイ通算:1勝)

 

〔展望〕

前半戦の終盤からここまでの顔ぶれを見ると、上位直接対決もしくはプレーオフ圏内を狙う第2グループとの対戦が続いている(山形、甲府、徳島、金沢)。今節の相手・岡山も、4連勝で勝点を40まで伸ばし、6位まで順位を上げてきた。今節もまた上位直接対決と捉えていい一戦だ。

最近のアウェイ2試合(徳島、栃木)は、とにかく入りが悪い。栃木戦は、その入りの悪さを突かれて先制を許している。相手はホームの地の利を生かし、「柏を食ってやろう」とアグレッシブに仕掛けてくる。その勢いに押されるがゆえに受けに回り、相手に「いける」という自信を与えてしまう。前節の栃木戦では、相手のミスから前半のうちに追いつけたからよかったものの、4連勝と勢いに乗る岡山にもし先制を許せば、第5節の対戦で苦しんだ彼らのコンパクトな陣形を崩して逆転まで持ち込むのは容易な作業ではない。

(残り 1030文字/全文: 1600文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック