【サッカーパック人気2位】 “戦国”J2の怖さを体感。残留争いを戦う栃木のパワーを崩し切れず【栃木…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

瀬川祐輔がサイドバック起用について語る「難しいけど面白いポジション」【コラム】

3−0と快勝を収めた東京V戦の前半のふたつの得点は、ともに右SBの瀬川祐輔が絡んだ。

先制点を生んだCKは瀬川の仕掛けとクロスから獲得したものであり、38分の追加点はダイレクトクロスでアシストを記録した。

その他にも、東京V戦ではクリスティアーノの外からフリーランニングで攻め上がる回数が非常に多く、徐々にSBとしてのプレーが板についてきたさえ感じる。

「ヴェルディ戦では高い位置を取ることは意識していました。いつもリスク管理を意識しすぎて前に出られなかったんですけど、意外と取られた後に戻っても間に合うんだろうなという感覚的な部分が少しは整理されてきたので、リスクを冒してでも高い位置を取ろうと決めていました」

瀬川のその意識があったからこそ、東京V戦では右サイドから2得点が生まれた。

(残り 1760文字/全文: 2100文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック