【サッカーパック人気1位】 【J1クラブ展望/横浜F・マリノス編】王者が乗り越えなければならない2…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

栗澤僚一、コーチ1年目の2019年 ~前編~「選手たちが前向きに取り組んでくれて、自分自身も刺激になった」【インタビュー】

○栗澤僚一コーチ

−コーチ1年目のシーズンでしたが、ミッションだったJ1復帰を達成しました。率直な感想はいかがですか?

「まずはレイソルがJ1に復帰できたのは嬉しいです。選手たちが前向きに取り組んでくれて、勝つために監督の要求に応えようと力を注いでくれたのは何より嬉しいですし、自分自身の刺激にもなりました」

 

1年前、現役を引退してコーチになるという話を聞いたときには「強いレイソルに戻したい」とも話していました。あれから1年が経ち、現在のチームをどう感じていますか?

「選手がたくましくなったと思いますね。以前だったら、ちょっとうまくいかないことがあると違ったところに原因を向けていたものが、もちろんまだまだ改善しなければいけない部分はあるにしても、責任の所在を自分に置き換えることができるようになったと思います。ネルシーニョ監督が来てから、試合でも練習でも、勝利のために何かを犠牲にしてやるという意識は選手に伝わったんじゃないかと思いますね。それで選手たちが『勝つってこんなに素晴らしいことなんだ』と知ったことは大きいと思います」

(残り 3802文字/全文: 4267文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック