【サッカー人気5位】過去2年最も低調な内容

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

FW9 クリスティアーノ 「19得点18アシスト。チームを牽引した存在感も含めて、J2優勝のMVPと呼ぶに相応しいプレーを見せた」【2019シーズン選手レビュー】

FW9 クリスティアーノ 

-2019シーズン成績-

リーグ戦 39試合出場 19得点18アシスト

天皇杯 2試合出場 1アシスト

YBCルヴァンカップ 3試合出場 1アシスト

ちばぎんカップ出場 1得点

 

開幕戦では2得点を決めてチームに勝利をもたらしたが、その後はリーグ戦で15試合連続無得点が続いた。第15節まではアシストも5と、必ずしもチームの勝利に直結した働きができているわけではなかった。それでもネルシーニョ監督が彼をスタメンで起用し続けたのは、誰よりも強い勝利への意欲を前面に出し、チームを引っ張っていったからだ。

第18節の福岡戦で最良のチームバランスを見出し、次の千葉戦から始まった11連勝以降の活躍は特筆すべき点である。

とりわけ際立っていたのがオルンガとのホットラインだ。クリスティアーノが、オルンガに対して「ケニア代表でも点を取りたいなら、俺をケニア代表に呼んだ方がいい」と冗談を飛ばしたように、オルンガの得点量産の背景にはクリスティアーノ のアシストがあった。

(残り 534文字/全文: 965文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ