J論J2チャンネル、スタート!!

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

第4回「J2で優勝して1年でJ1に復帰するというミッションを遂行。ただ、あくまで本来いるべき場所に戻ってきたにすぎない」【2019シーズンレビュー】

「今、首位に立っているからといって何か手に入れたのか?」

首位に立っても、ネルシーニョ監督はことあるごとにそう言ってチームを締めた。最終的に連勝が11まで伸びた要因も、指揮官の作り出す雰囲気によってチーム全体に緩みが生じなかったこともあった。

また、マテウス サヴィオ、ジュニオール サントスに続き、三原雅俊、川口尚紀、山下達也、前所属クラブでは出場機会が減っていたものの、レギュラークラスの日本人選手も補強。「各ポジションで(競争が)起こった。それによって全員がしっかりと自分のパフォーマンスを示さなければいけないと再認識して、上を目指す良いきっかけになった」(染谷悠太)とポジション争いは各セクションで熾烈を極め、その相乗効果としてチーム力の底上げを促した。

(残り 1449文字/全文: 1776文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック