【サッカー人気3位】大槻毅監督の今季に向ける覚悟 新システ…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

北爪健吾「日立台で戦えるということは選手としてやりがいと魅力があった」【新加入選手コメント】

○北爪健吾

−横浜FCもJ1に昇格した中で移籍を選択したのは大きな決断だったと思うが?

「選択肢があった中で、評価していただいてオファーをいただくのは選手として嬉しかったですし、評価していただくこと自体が初めてだったので、率直にチャレンジしたいと思いました。千葉時代のちばぎんカップと、去年の対戦で日立台でプレーしたときに、サポーターの皆さんが作り出す雰囲気は相手として非常にやりにくかったですし、今までで一番印象深かったスタジアムでした。その雰囲気とサポーターの熱量が、そこで後押ししてもらって、一緒に戦えるということは、選手としてはやりがいと魅力があったし、素直にそのチームが勝つために、サポーターの皆さんのためにも力を尽くしたいと思ったのが一番大きな要因です。

(残り 562文字/全文: 893文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック