【サッカー人気4位】【赤鯱探訪】堀尾郷介編①「GPSは『こ…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

若手の現在地 〜滝本晴彦編〜「日韓代表GKという高い頂に挑戦するプロ5年目のシーズン」【コラム】

ちばぎんカップでは中村航輔が、J1開幕戦ではキム スンギュが負傷し、2020年シーズンのファーストGKの座を争うと目されていた日韓代表GKが戦列を離れた。

開幕戦で、キム スンギュに代わって81分から出場した滝本晴彦は急に訪れたプロデビュー戦にも舞い上がることはなかった。

「時間帯的にも札幌が前がかりに来ていたから、つないでもプレッシャーを受けてしまう。割り切るところは割り切って、つなげるところはつなぐことを意識していました」

バタつくことはなく、むしろ戦況を冷静に分析して試合をクローズさせた。

「まずは勝てたことが良かった。自分の準備が間違っていなかったことが確認できました」

(残り 965文字/全文: 1251文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック