優勝候補は見えたか?J1上位5クラブの実力を査定する(J論)

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

ネルシーニョ監督「こういうゲームをモノにできたのは我々としては非常に大きな成果」/J1 第8節 名古屋 vs 柏【試合終了後コメント】-無料記事-

○ネルシーニョ監督

「両者ともに戦術的にもしっかりと分析をした中で、準備をしてきたという内容だったと思います。攻撃のチャンスもなかなか作れず、拮抗していた分、カウンターのシーンもそれほど見られなかった、我々としては忍耐強く堅く守備から入って攻撃のチャンスをうかがうという前半でした。後半に入り、序盤にチャンスがあり、忍耐強く選手がプレーをしてくれた後、終盤にミカ(オルンガ)の得点シーンがありました。ただ、こういうゲームをモノにできたのは我々としては非常に大きな成果だったと思っています」

 

−前半はマイボールにした後に、なかなか前に運ぶ場面が少なかったですが、後半の得点シーンは右サイドでボールを残した後に素早く背後を取りました。前半と後半で攻撃面ではどういう点を修正したのでしょうか?

「前半からも再三ベンチサイドから選手たちにはしっかりとボールを握るようにと、慌てずにポゼッションして相手の最終ラインの背後を取りに行こうと声をかけていたんですけど、なかなか効率の良い攻撃の形を作れずに、前半についてはミカが1、2回、決定機に絡んだシーンと左サイドから作った攻撃の形ぐらいだったと思います。そこについてはハーフタイムにもう一度選手たちにしっかりとボールを握りながら慌てずに空いたスペースを見つけて、相手の最終ラインの背後を取りにいこうという話をした結果、選手たちもそこを修正して、トラアングルを作りながら自分たちでスペースを作り、空いたスペースに3人目が入ってくる、背後にできたスペースも積極的に取りながらゴールチャンスをうかがうことができていたので、前半よりも後半の方が生産性の高い働きができたのではないかと思いますし、今日のゲームは勝利こそしましたが、入りから最後までボールにぎる必要性はこれから我々が戦いを進めていくうえで良い教訓になったのではないかと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック