【サッカー人気3位】【vs.松本山雅FC】終了後、田中恵太…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

大南拓磨「セカンドボールを拾えるようになってから自分たちの時間帯になった」/YBCルヴァンカップ GS-2 柏 vs 湘南【試合終了後コメント】-無料記事-

○大南拓磨

−前半の20分過ぎまでは押し込まれる苦しい展開が続きましたが、それ以降はガラリと流れが変わりました。ディフェンス目線では、何が改善されたことで流れが変わりましたか?

「シンプルにセカンドボールを拾えるようになったのが一番大きいポイントだと思っていて、まず全体的に最初は裏にボールを蹴ったとしても、それを跳ね返されて、セカンドを拾えなかったので、セカンドを拾えるようになってから、自分たちの時間になったと思います」

 

−セカンドボールを拾って押し込める展開になったことで、CBとしては守っていてもまとを絞りやすい展開になったのでは?

「精神的にも攻撃していることで、前半の20分間とは違う形で前向きで全員が守備ができるようになったので、そこはすごく良かったと思います」

 

−大南選手は出られないところから一転して、今はずっとで続けています。ご自身の状態、感覚はいかがですか?

「Jリーグの湘南戦が自分はすごく久しぶりの試合で、その中でまずはシンプルにやろうと言う感覚から入り、今は徐々に試合をしていくにつれて気持ち的に余裕も出てきたし、周りに助けられることも多いですけど、今は勝てているので、これを続けていければいいと思います」

 

−今日は最後に押し込まれても最後跳ね返す部分で余裕を感じましたが?

「跳ね返す部分はCBの仕事でもあるので、そこはしっかり自分たちの仕事ができていると感じていますし、片割れの山下達也くんに救われているので、自分が救える立場になれるようにもっともっと成長していきたいと思います」

 

−大南選手が出始めてからチームも勝ち続けていますが、CBの技術的な部分え大南選手が自信があるところと課題にしているところを教えてください。

「自身があるところはカバーリングと1対1の対応、最後のカバーするところで、課題にしているところは今は左のCBをやることが多いんですが、左足の質であったり、ボランチにつけるタイミングであったり、そういうところは課題に感じています」

 

−その改善度は試合に出始めてから変わってきましたか?

「そうですね、徐々に徐々に。今日はちょっと左足のキックをミスしてしまったんですけど、前向きにできているので、それは自分の中ではよしとしています」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック