【サッカー人気4位】【J激論】前田大然の”飛び立ち”と”マ…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

古賀太陽「ああいう形で失点を重ねてしまったことについてすごく責任を感じています」/J1 第13節 柏 vs 鹿島【試合終了後コメント】-無料記事-

○古賀太陽

−ラスト数分間の守備についてはどう受け止めていますか?

「あれだけ短い時間の中で失点を重ねてしまったのは、後ろの責任だと思いますし、僕個人もクロス対応のところでマークを外していての失点だと思うので、最後の時間帯だからこそ、もう一回後ろから締め直さなければいけなかったと思っています」

 

−CBのコンビを組んだのが本職がSBの川口選手だったので、CBのコンビネーションについても難しさがあったと思いますが?

「お互い本職ではないと思いますし、僕もここ数試合はCBをやっていますけど、やっぱりまだCBのクオリティーはまだまだだと思っているので、そこの二人が組んだことで、コミュニケーションの量ももっとあって良かったと思いますし、わからないならわからないなりに自分たちがもう少しアクションを起こしても良かったと思うので、結果としてそこの甘さが失点につながってしまったのかなと思います」

 

−C大阪戦とは違った悔しさの残るゲームになったと思いますが?

「一人減った状態でも全員がハードワークをして、実際に自分たちがリードする展開になりましたし、全員があれだけ戦っていたからこそ、ああいう形で失点を重ねてしまったことについてすごく責任を感じていますし、本当に前の選手に申し訳ないという気持ちが強い試合になりました。ただ、悔しい部分、反省しなければいけない部分はありますけど、試合はすぐに来ますし、悲観的になりすぎず、ポジティブな面もすごく多かったと思うので、前を向いてやるしかないと思います」

 

−特に前半、ファウルで試合が止まる時間が多かったですが、激しい球際の攻防で起こる範疇なので、それともそれを超えたものだったのか、選手としてはどう感じていましたか?

「もちろん、ボールホルダーに対して強くいくことであったり、潰さなければいけない場面では潰さなければいけないとは思いますけど、今日は(試合が切れる時間が)ちょっと長かったなというのがやっていた感じた部分でした。レフェリーを囲んでしまうシーンもすごく多かったと思いますし、そういうシーンはプレーする側としてもあまり多くあってほしくないので、過剰に熱くなりすぎていたのかなと、僕もなるべくチームを抑えられるように発信していかなければいけないと思いますし、もう少し見ている側にも気持ちの良いサッカーを見せなければいけないと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ