【サッカー人気4位】ボールを保持して攻める状況に課題。アジ…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

ネルシーニョ監督「これまでどおり選手たちが規律を守り、相手の守備のオーガナイズに空いたスペースを取りにいく」/J1 第15節 柏 vs G大阪【試合前コメント】

○ネルシーニョ監督

−この2試合、3バックシステムで臨んでいますが、中3日、中2日と短い準備期間の中で、機能させるためにミーティングで入念に落とし込んだのでしょうか?

「重要な要因として挙げられるのは、まずなんと言っても選手の理解力と、それを実践に移す上での適応力だと思います。昨年から3バックは何度かチームとしてトライしてきたシステムでもありますし、今この状況でレギュラー格のCB4人がケガで出場できない状況を強いられています。その中でなんとか守備を安定させる手を打たなければいけないところで、ああいった形でシステムを変えました。ただ、守備だけではなく、堅い守備から攻撃に出ていくところを選手たちにはセレッソ戦の前日にしっかりと話し、我々の意図、戦術的な狙いを伝えたうえで、選手たちがそれをしっかり理解して実践に移してくれました。それによって結果が出ました。それはセレッソだけではなく、清水戦もそうです。なんと言っても昨年からの積み上げた分と、選手の理解度と適応力が全てだったと思います」

(残り 1404文字/全文: 1847文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック