【サッカー人気3位】【赤黄の道標】グランパス稲垣が語る川崎…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

ネルシーニョ監督「最後まで激しくファイトしたゲームだった」/J1 第22節 柏 vs 浦和【試合終了後コメント】-無料記事-

○ネルシーニョ監督

「非常に拮抗したゲームの内容だったと思います。両チームとも勝利を懸けて現状から少しでも順位を上げようと、最後まで激しくファイトしたゲームだったと思います。前半は両チームとも数回のチャンスがあり、展開としては非常にオープンな展開だったと思うんですが、我々としては前半に先制点を奪うことができて、落ち着いてゲームを展開できるかと思ったんですが、後半に入って相手の攻撃のボリューム、ボール保持が我々を後半に入りに関しては上回っていたということもあって少し相手の時間帯が続きました。時間が経ってから我々も守備のところを改善できたんですが、ただレフェリーのああいうジャッジもあり、ラインズマンとの協議の結果、ゴールというものが認められてしまいました。我々としては今日のゲーム、ああいうジャッジのおかげで勝点2を失ってしまうのは痛いんですが、ただチームとしては最後までよくファイトしてくれたと思います」

 

−途中でシステムを変更しましたが、その狙いは?

「相手もほぼ3トップのような形で高い位置を取ってきていました。相手の攻撃が勢いづいていた時間でもあったので、(山下)達也を3CBの真ん中に置き、最終ラインをコマンドするようにと意図を持って彼を投入しました。後ろからの攻撃の部分もそうですし、守備のところをしっかりと統制するようにという意図を持って、ああいう形に変えました」

 

−今日は相当数のCKがありましたが、そこで得点が生まれなかったことについては?

「あの状況で浦和の守備のポジショニングが良かったということもあるでしょうし、なかなかミカ(オルンガ)、(江坂)任、CBの(大南)拓磨のところにボールが入りませんでした。それでも我々の攻撃はセカンドボールをうまく拾って決定的な形をいくつか作れたと思うんですが、最後枠に入らなかったことが原因だと思います」

 

−江坂選手は得点、アシストをコンスタントに決めていますが、今季の彼の評価を聞かせてください。

「任は昨年から今も進化している選手です。彼のそもそも兼ね備えているパーソナリティーに加えて、今年は戦う勇気を持って毎回ピッチに立ってくれています。戦術の理解力も非常に高く、技術に関しては皆さんご存知のとおり非常に高いクオリティーのものを持っています。選手としての成熟度がここにきて増しているのかなと見ています」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック