【サッカー人気1位】「ユナイテッドでドーン」はなぜ起こるの…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

ネルシーニョ監督「目標到達に向けて、最後まで諦めずに戦っていく」/J1 第24節 G大阪 vs 柏【試合終了後コメント】-無料記事-

○ネルシーニョ監督

「序盤から今日のゲームに関してはレイソルらしい戦い方ができたと思っています。ピッチに立った選手全員が勝ちたいという気持ちを前面に出してくれました。堅い守備から攻撃に出ていく際に、相手が空けたスペースをうまく見つけて効率の良い攻撃の形も作れていたと思いますし、ただあれほどの決定機を作っておきながら仕留めきれなかったというところで物足りなさが残る前半でした。後半に入ってもペースを落とさず非常に良い入り方ができたと思います。失点シーンに関しては非常に怪しいジャッジだったと思いますけど、うちのGKのキム スンギュを邪魔したように私には見えました。ただ、後半の入りから最後まで選手たちはこちらが求めたことをやってくれましたし、チームとして取り組んだ動きをしっかり発揮してくれました。ゲーム全体を見直したときに非常にフラストレーションの溜まるゲームでしたが、同時に今日のチームとしての取り組み、レイソルらしいサッカーができたことについては非常に満足しています」

 

−前節の湘南戦では攻め急ぎがありましたが、今日はボールを大切にして実際に多くのチャンスを作り出しました。前節の反省を受けて、今週チームにはどのようなことを落とし込んだのでしょうか?

「今週何をしてきたかというと、トレーニングをただやるだけではなく、相当選手たちには前節湘南戦の敗戦を受けて厳しい要求をしました。前節の湘南戦に関しては妥当な結果だったと思います。というのも我々はチャンスらしいチャンスをなかなか作れずにゲームを終えてしまったという流れでしたので。今週に関しては映像を用いて選手たちと対話をしながらレイソルらしいサッカーがどういうものなのか、もう一度見直すために時間を割きました。しっかりとボールを握りながら相手が空けるスペースを活用しながらチャンスを作る。非常に選手たちはしっかりやってくれたと思いますし、今日の内容をコンスタントにやっていけるようにまた準備していきたいと思います」

 

−このG大阪戦を前に一戦一戦決勝戦のつもりで戦っていかなければいけないという言葉があった中で、今日敗戦で終わってしまったことについて。

「結果は当然のことながら満足のいくものではありませんが、ピッチに立った選手たちが勝利を目指して今日の我々のポジティブな結果が今後の我々の戦いにどういう影響を与えるのか、そこを含めて選手たちはしっかり理解したうえでピッチに入ってくれましたので、前半に関していえば相当数のチャンスを作れていました。勝利は我々の手の中にあったはずが、再三あれほどのチャンスを作っておきながら決めるところを決めておかないと、徐々に相手にペースを握られる、形勢が逆転してしまうのはいつものことです。まだ今シーズンのJリーグは当然ながら終わったわけではありません。我々が目標に掲げる上位4位以内に入る可能性は残っているわけで、これから先まだまだ何試合もあり、大事な直接対決も控えている。今年のリーグが終わるまで諦めるわけにはいきませんし、数字上、我々が目標としている順位に到達できるのであれば、そこは最後まで諦めずに続けていきたいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック