【サッカー人気5位】リカルド・ロドリゲス監督がリーグ開幕F…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

ネルシーニョ監督「両チームが守備を含めてファイトしたタフなゲームだった」/J1 第31節 C大阪 vs 柏【試合終了後コメント】-無料記事-

○ネルシーニョ監督

「今日のゲームは結果は0−0でしたが、両チームが守備を含めてファイトしたタフなゲームだったと見ています。前半は我々がいくつか決定機を作ったんですが、なかなかそれを決めきることができず、後半に入って相手もうまくロングボールを使って、カウンターからの仕掛けを使い分けながら何度かチャンスを作ったと思います。ただ、チームとしては非常にバランス良く、特に守備のところはやれたと思っていて、今日の結果を活かせるようにまたしっかりと準備していきたいと思います」

 

−非常に堅い試合になることは予想できたと思いますが、C大阪に対してどのようなポイントを持ってこの試合に臨みましたか?

「我々としては当然のことながら勝利で終えるという目標を掲げて今日は敵地に乗り込んできたわけですが、前半あれほどチャンスを作っておきながら決めることができなかった、アウェイゲームではあったんですが、今日の試合はなんとか勝点を取って帰ろうという話を選手たちにしていて、ただあれだけのチャンスを仕留めることができずに、結果はそのまま0−0というスコアで終わった、そういう展開だったと思います」

 

−三原選手が前半だけで交代しましたが、連戦だからでしょうか? それとも戦術的な狙いがあって小林選手を投入したのでしょうか?

「三原を下げたのは、今日は前半からミスが目立っていたからです。うまくゲームのテンポに入りきれなかったというのが一番の理由で、前半ああいった流れで折り返したので、我々としては流れを変える必要がありました。後半から入った(小林)祐介に関しては非常に良い形でゲームに入っていってくれたと思います。最後の方で少しフィジカルの部分で疲れも出ましたが、守備のところは堅く、攻撃のところはしっかりと縦パス、くさびのボールをつけることができていたと思いますし、ビルドアップのところも彼が入ってうまく回るようになりました。非常に良い働きをしてくれたと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック