【サッカー人気3位】清水と浦和に「ロジック」を植え付けたロ…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

小林祐介「自分がアクセントになれればと思って試合に入った」/J1 第31節 C大阪 vs 柏【試合終了後コメント】-無料記事-

○小林祐介

−試合に入る際に意識したことは?

「前半はなかなか奪ったボールをマイボールにすることができなかったので、まずは奪ったボールを大事に、後ろからつないでいこうというので、そこで自分がアクセントになれればと思って入りました」

 

−そのあたり効いていましたが、自身の感覚は?

「そうですね、取ったボールもそうですし、後ろからのビルドアップになるべく僕自身が関わるように意識していましたけど、もう少し前を向いたときに縦パスとか、相手にとって嫌なことをできれば良かったと思います」

 

−そこが最後ゴールをこじ開けるために足りなかった部分?

「そうですね、多少強引にでも縦パスをもう少し入れても良かったかなと思います」

 

−今日の試合も含めて、前回後半の45分間出場した清水戦も球際の部分と、奪ってから縦につけるという小林選手の持ち味が発揮されていますが、整理されてきた部分はありますか?

「自分の特徴でもあるので、そこは思い切って試合に出たときには出そうというのは考えています」

 

−出せるようになったきっかけはありますか?

「特にきっかけはないですけど、自分自身でどれだけ勇気を持って前につけるのもそうですし、球際のところも自分の特徴でもあるので、そこは自分が求められていることを試合で出そうという気持ちで入っています」

 

−ネルシーニョ監督から特にその部分を求められていることで、持ち味も発揮しやすくなった?

「そうですね、球際はもちろんですけど、取ったボールから縦パスをつけることは監督から求められているところでもあるので、そこはいつも以上に意識して今回は試合に入りました」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック