【サッカー人気1位】アウェイで鳥栖に完敗 山中亮輔が危機感…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

高橋峻希「前半は中途半端だった分、後半ははっきりとしたプレーを心がけた」/J1 第33節 広島 vs 柏【試合終了後コメント】-無料記事-

○高橋峻希

−雪でピッチコンディションの悪い試合になりましたが、チームとしては2試合連続の無失点。守備面の評価は?

「結果は1−0で勝ちましたけど、前半からあまり落ち着いたゲームではなくて、小さなミスが多くて、後半はやっと目的としていたサッカーというか、同数だったので裏を狙っていこうという形でしたが、前半はあまりそういう場面がなく、中途半端に取られてピンチも多かったと思います」

 

−ピッチコンディションに関しては試合が進むにつれてアジャストできた?

「そうですね、そこは最初の方は手こずって、ウォーミングアップのボール回しでもなかなかうまくいかなかったので、案の定ゲームに入ってもあまり落ち着かなかったというのはあります」

 

−前半よりも後半の方が戦い方がはっきりしていました。そのメリハリについて。

「前半が中途半端だった分、後半はみんなで思い切ってやろうというか、はっきりとしたプレーを心がけて、守備からのカウンターを何本か出せたと思います」

 

−高橋選手自身は2試合ぶりの出場。前で奪う場面もあり、大分戦に比べると状態も上がってきたという印象を受けましたが?

「他チームですけど、川崎フロンターレさんは出ていない選手が(起用されたときに)結果を出しているということで、僕らも出ていない人が良い準備をすることがチームの力につながってくると思うので、僕自身もトレーニングは良い感じでできていたので、まだまだですけどそれが勝利に少し貢献できたのかなと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック