【サッカー人気3位】なぜ強化に継続性がない? なぜ出戻り選…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

古賀太陽「個人的にも今季はより濃いシーズンでした」/J1 第34節 柏 vs 川崎【試合終了後コメント】

○古賀太陽

−試合を振り返って。

「試合前から押し込まれる時間が長くなるというのはチーム全体で認識していましたし、そういう展開の中でも良い形でカウンターに出ていこうとは話していたので、ゴールシーンはほぼほぼミカ(オルンガ)の力だけでという形になりましたけど、何回か良い形で前向きにボールを奪うシーンは作れていたので、入りは悪くなかったと思います。ただ、後半に入ってから(ボールを)はたかれた後にそのままついていくとか、一人ひとりのスライドが少しずつ遅れてきたところで失点になったので、結局個人個人の対応のところで後手になってしまったと思います」

 

−後半から川崎が家長選手と三苫選手を入れて、彼らがポイントを作ったことで、チームとしても後ろに重たくなってしまった印象?

「ちょっとワイドの選手が外に引っ張られすぎたというか、そのへんを意識しすぎていたのはあったと思うので、前半にあったような奪い方が後半に入ってなかなかできなくなってしまったのが、失点する流れになった要因だと思います。そこはもう少し後ろの選手が押し上げてあげるとか、頑張ってスライドすることができていれば、また違った試合展開になっていたと思うので、そこを継続してチャレンジすることは必要だったと思います」

 

−最後のシュートシーンは狙いすぎましたか?

「ファーも意識したんですけど、ちょっと当たりそうだなと思って咄嗟にニアを選びましたけど、ちょっともったいなかったと思います」

 

−2週間先にルヴァンカップ決勝があります。そこへの意気込みもお願いします。

「2週間準備する期間はありますし、その期間の中でどれだけ相手を意識しながら、今日出た課題を改善する時間に使えるかだと思います。1日1日無駄にしないように準備していきたいと思いますし、Jリーグ自体は自分たちが目指していたところには全然たどり着かない結果になってしまったので、終わり方としてタイトルを取って終わるというのは絶対に達成しなければいけないことだと思います。そこの気持ちを強く持って2週間準備したいと思います」

 

−今季は自信と責任が生まれた1年だったと思いますが、今季を振り返って。

「これだけの試合数に出させてもらって、もちろんチームの足を引っ張るようなプレーだtたり、直接負けにつながるプレーをしたこともありますけど、全体的には個人的にプレー面もそうですけどメンタル面や責任感はすごく成長できたと思うので、去年もシーズンを通して試合に出させてもらいましたけど、より個人的に濃いシーズンになったと思います」

 

−この過密日程を戦い抜いた中で、何が大きかったですか?

「ケガ人が多く出た中で、CBをやる機会が多くなりましたし、CBでプレーすることでチームをより支えなければいけないとか、自分がチームを引っ張らなければいけないという気持ちが生まれてきたと思うので、当たり前のことですけど試合中の声やコミュニケーションは明らかに増えたと思いますし、そういう気持ちの変化がプレーに出ていたシーンもあったと思うので、来シーズンもよりここを伸ばしていけるように意識していきたいです」

 

−試合中にも考えることが変わってきた?

「もちろん自分自身のプレーに集中しますけど、何かうまくいっていないときのコミュニケーションの取り方とか、チーム全体の流れの持っていき方にも目を向けられるようになったかなと思いますし、実際にプレーでも自分のプレーで潰し切るところも去年より増えたと思うので、そのへんは少しは変化したと思います」

 

−U-23日本代表候補に選ばれたことについて。

「今シーズンのパフォーマンスを評価してもらえたことは嬉しいですし、ただここに選ばれたからといってその先が必ずあるかと言われたらそうではないと思っているので、残りの大事な時期にチームを離れることは心残りはありますけど、僕自信もっとレベルアップしてチームに還元できる部分はあると思うので、短い時間ですけど、より僕自身成長して帰ってこられるように良い時間にしたいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック