【サッカー人気3位】【西部謙司の移籍通信簿】180度転換の…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

MF7 大谷秀和「湧き上がる枯渇なき向上心。プロ18年目にして経験したイレギュラーな1年でも安定したパフォーマンスを披露した」【2020シーズン選手レビュー】

MF7 大谷秀和

-2020年シーズン成績-

リーグ戦 22試合出場2得点

YBCルヴァンカップ 3試合出場

 

2020年シーズンは、18年を誇る大谷秀和のプロキャリアの中でもイレギュラーな1年となった。

これまでも大谷は、自分の中で調整方法には少しずつマイナーチェンジを施しながら万全の準備を進めてきたが、中3日、中2日というタイトなスケジュールを強いられた2020年は、その色がよりいっそう濃くなったと感じられた。

シーズン中には、その準備段階に関してこう話していた。

自分の中では結構ルーティンを決めながらきっちりやってきたタイプだったけど、こういう状況の中でそれができないときに、割と大雑把になった自分がいる。今の状態を受け入れながら、自分ができることをやろうというふうに思っているので、あまり考えすぎずに過ごすようにはしている。ただ、良い準備があって今があるので、若い選手には負けないようにしたい」

(残り 465文字/全文: 865文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック