【サッカー人気3位】戦い方の変更と闘志の大切さについて

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

染谷悠太「自分がもっとチームを引き締めなければいけなかった」/J1 第1節 C大阪 vs 柏【試合終了後コメント】-無料記事-

○染谷悠太

−染谷選手は退場者が出てからの出場でしたが、前半は何が原因で難しい展開になりましたか?

「タク(上島)が退場してしまったことで、チームとしてちょっとバタつきが出てしまったという点で、相手に押し込まれる隙を与えてしまったと思います」

 

−その一人少なくてリズムが悪かった時間帯に失点してしまったことがすべて?

「そうですね。やっぱりああやってイレギュラーなことがあったときに、自分ももうちょっとチームを引き締めないといけないというか、前半も残り少なかったですし、最後ゼロで終わるところにもっとこだわらなければいけなかったと思います」

 

−後半はボランチが二人替わり、チームで耐えながら中盤でパスを引き出し、SBも高い位置を取って、難しい展開の中でも何度かチャンスを作れていました。後半の戦い方について。

「やっぱりビハインドでしたし、点を取らなければいけないというところで、守備的な戦いをするのは簡単というのは監督も言っていましたし、自分たちが常にアグレッシブにというところで、点を取りにいく姿勢は見せられましたけど、その裏の部分というか、表裏一体の部分で2失点目をしてしまったのが非常にもったいなかったと思います」

 

−染谷選手は難しい状況で入って、どういうところを意識していたか? また、10人で戦って2失点という結果については?

「ああいうイレギュラーな形で出場ということになりましたし、その中で先ほども言いましたが、チームを引き締めるというか、後ろからしっかりと鼓舞しながら前にパワーを与えられるようにということを意識していたんですが、自分が入って失点してしまいましたし、結果2失点してしまったのはディフェンスとして反省しなければいけないと思います。ディフェンスとしてゼロに拘ってやっていかなければいけないですし、2失点してしまったというのは、個人としてもしっかり反省して次に活かさなければいけないので、90分の中で良い時間帯もありましたし、その中で攻撃の部分で後ろから前にパワーを伝えたり、後ろが耐える時間をもっと長くしなければ勝ちというのは付いてこないと思ったので、自分もまたしっかりとトレーニングからやっていこうと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ