【サッカー人気1位】川端暁彦と五輪GL総括「予定外の事も良…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

ネルシーニョ監督「最後まで攻撃の手を緩めずにしっかりと戦ってくれたゲームだった」/YBCルヴァンカップ GS-1 柏 vs 横浜FC【試合終了後コメント】-無料記事-

○ネルシーニョ監督

「非常に良いテンポで入った試合だったと思うんですけど、相手に何度かカウンターで攻め込まれる場面もありましたが、そこは守備のところでニュートラルにしながら、決定機的な機会を作られる回数もさほどなかったというふうに見ていて、私の意見としては得点がなかなか取り切れずに我々が主導権を握ってボールを動かしている時間帯に点を取り切れないうちに、PKでやられてしまったと、チャンスを作っているにもかかわらず、そこを活かしきれなかったことが全てだったと思います。本来敗戦を喫したときというのは、非常にフラストレーションが溜まる試合展開が多いんですけど、今日はピッチに入った選手が再三チャンスを作ってくれましたし、良いテンポで最初から最後までしっかりと戦い抜いてくれて、カウンターを食らうリスクも取りながら、攻撃の手を緩めずに非常にしっかりと戦ってくれたゲームだったと思います。交代で入った選手は事前のプランどおりで、今週末にまたリーグ戦を控えていますので、そのリーグ戦を見越して、今日入った若手の選手も出場のチャンスを与えることで、こちらとしては実戦でどれほどできるかということを考えるひとつの参考になりましたし、これからまたリーグ戦で必要な局面でしっかり戦ってくれる、そういう手応えを得られた試合だったと思います」

 

−昨年、一昨年もこういう試合展開では、監督は「チャンスを作れていないなら問題だがチャンスは作れている」という話をされていました。今回の試合もそういう認識でしょうか?

「先ほども言いましたが、やることをやらずに負けた試合は最悪ですが、今日は負けこそしましたけど、やることをしっかりやったうえでの敗戦はまた次回、今後につながっていく前向きなものだと捉えています。試合内容を振り返っても、再三チャンスを作りながらも決めきれなかったと。前半も後半も技術的な部分、戦術的な部分を含めて我々のテンポでゲームを進めることができていたと思うので、やはりサッカーというのはチャンスを作っても決めきれないと、そのうち形成逆転して相手にテンポを握られてしまう。最終的に1点でも取った方の勝ちというものですから、今日の試合は確かにPKのシーンはうちの守備のポジションが揃っていなかったところはもう一度映像を見直す必要はありますが、今年のシーズンはまだ始まったばかりですので、まだまだいろいろなことがあると思います。その都度過ちについては修正しながらまた次に備える。その繰り返しになると思います」

 

−中2日のリーグ戦に向けてどう修正するかと、どういう意気込みで次の湘南戦の臨みますか?

「我々はそこを危惧して、独自の検査を事前に行ったうえで、今日の選手起用に関してはプランを立てました。クリスティアーノ、ヒシャルジソンはハーフタイムで交代、大南と瀬川も土曜日の試合に向けての準備をしてもらうという意味で途中で交代した流れでした。そこをしっかりとこちらが主導で準備しているというところで、土曜日のゲームに悪影響がないというところでは、選手の体力、コンディショニングについては問題なくいけるのではないかと思います。次の湘南戦は非常に難しい試合になることが予想されます。相手も非常にファイトできるチームですので、基本システムはおそらく3−5−2、スピードがあって空中戦を得意とするチームですので、我々としてはどの試合もそうですがアラートに臨む。少しでも早く今季の初勝利をしっかりと飾りたいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ