【サッカー人気5位】過去2年最も低調な内容

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

椎橋慧也「ゴール前のクオリティーをもっと上げられればチームを勝たせることができたので、反省して次に活かしたい」/YBCルヴァンカップ GS-1 柏 vs 横浜FC【試合終了後コメント】-無料記事-

○椎橋慧也

−ゲームのテンポも良く、多くのチャンスを作りました。内容的には評価できる部分も多かったと思いますが、試合を振り返っていかがですか。

「やってみて内容は良かったと思いますけど、負けてしまったので意味はないと思います。僕自身のゴール前のクオリティーをもっとしっかり上げられれば、チームを勝たせることができたので、次に向けて反省して次に活かしたいです」

 

−今日はおそらくチームで最多のシュートを放ったと思います。プレースタイル的に積極的にシュートを放っていくスタイルなのか、それとも今日は意識して狙っていたのでしょうか?

「チームとしてシュートを打っていこうということだったので、それはすごく意識して試合に臨みました」

 

−先ほどクオリティーの話もされていましたが、チームとして最後ネットを揺らすためには何が必要ですか?

「個人個人のシュート精度(の向上)はもちろんですけど、ゴール前に入っていく枚数は運動量をもっと増やしていかないと相手の脅威にならないと思うので、そこは相手の怖がるところに、どんどん配球だったり、入っていくことをもっとしていこうと思います」

 

−初めて柏の一員として日立台のピッチに立ちましたが、サポーターの前でプレーをした心境は?

「すごく嬉しかったので、なんとしても勝ちたい、今年初の日立台でプレーする日だったの、どうしても勝ちたいという気持ちがあったので、とても悔しいです」

 

−リーグ戦から2戦連続スタメンでしたが、ネルシーニョ監督からはどのようなことを求められていますか?

「自分がマッチアップする選手に対して、高い位置で強く、厳しくボールを奪いにいき、より高い位置で奪って、早く攻撃。それをシュートまで持っていくことを言われているので、それを僕自身もっと技術面を練習して上げていければ、得点につながると思うのでそこは活かしたいです」

 

−今日の試合ではシュートは決められませんでしたが、できた実感はありますか?

「そうですね。前半から強度高く90分間やり続けるタフさも僕自身の売りでもあるので、そこは負けずに90分間ずっと高い強度で相手のゴール前に侵入していける2列目は大事だと思うので、そこは意識してやっていきたいです」

 

−公式戦2連敗になりましたが、湘南戦にはどう臨みますか?

「2試合とも入り方は悪くなかったと思うので、そのまま90分間やり続ける、そして決めるところでしっかり決める精度を意識して臨みたいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ