【サッカー人気4位】【J2第8節:山形vs長崎】プレビュー…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

ネルシーニョ監督「これからリーグ戦を戦っていくうえで非常に重要な勝利になる」/J1 第2節 柏 vs 湘南【試合終了後コメント】-無料記事-

○ネルシーニョ監督

「今日は3バックで臨んだわけですが、湘南はスピーディーなボールの動かし方ができて、かつハードワークができるチームですから、そういうチームに対してまず守備のところ、しっかり安定して対応できるように、そこからボールを引っ掛けて自分たちの形に持っていけるようにというところで今日のフォーメーションで挑んだ試合でした。前半は非常に良いテンポでボールを動かせていましたし、相手のカウンターもうまく牽制しながら阻止することができていたと思うんですが、1点目を取ってから2点目を取りに急ぎすぎたのかなと、前に急ぎすぎた分、逆に我々がスペースを空けてしまって、そこで我々が攻撃に出ていった際の我々のパスミスで我々の最終ラインの背後を突かれて何度か危ない場面も作られました。ただ、ハーフタイムに選手たちには2点目を取りに急ぐよりは、まずは守備のところを組織的にもう一度見直そうと声をかけて、ゲームの流れの中で何人かの選手を交代で投入しましたけど、特に大谷とクリスティアーノの交代については、あの時間帯は我々が攻撃で攻め急いでいた分、なかなかボールを握ってテンポを掴むことができていませんでしたので、あの時間帯に大谷選手を入れることによって、一旦ボールを握って落ち着かせてから攻撃の形を作ろうという狙いを持って、大谷を投入しました。その采配がうまく当たり、2得点目を取ることができ、今日の1試合はこれからリーグ戦を戦っていくうえで非常に重要な勝利になると思っています」

 

−大谷選手の投入と同時に、システムを変えて椎橋選手とヒシャルジソン選手をインサイドハーフにしましたが、その狙いは?

「我々は今日ゲームでは守備のところは5−4−1、攻撃は3−4−3というフォーメーションでゲームに入ったわけですが、ただゲームの流れの中で相手も3ボランチで、中盤で数的優位を作られる状況が非常に目立ちました。特に後半に入ってから、その中盤でのボールの持たれ方、相手のボールに対してうちの守備がうまく機能せず、ニュートラルにすることがなかなかできず、タニ(大谷)をアンカーに置き、椎橋とヒシャをインナーに置いたことで、まずはしっかりと守備を安定させるという狙い持っていました。さらに2トップに(江坂)任と(呉屋)大翔がいることで、相手も当然ながらこの二人を牽制しなければいけない状況が生まれたことによって、良い守備から攻撃への良い流れが後半に入ってできました。攻守において良いバランスを保ちながら、後半はプレーできたと思いますし、2トップに任と大翔を置いたことで、相手も守備をしづらい時間帯が作れたと思っています」

 

−新外国籍選手がまだ合流していない中で、呉屋選手が良い働きをしました。昨年から成長したと感じますが、監督の評価は?

「昨年の話をすると、出た出場試合、出場時間こそ少しではあったんですが、その中で出た試合では非常に良い働きをしてくれましたし、大事な得点も取ってくれていました。ただ今年に入って彼にもう一つ、これまでとは違う取り組みをやてみようということで、彼にとっては新たな役割を担ってもらっているところで、1トップでプレーをしながら、今日も決定機的な仕事をしてくれましたし、今日に関して言うならば得点も取ってくれましたので、彼に求めることはもちろん点を取ることなんですけど、これまでもこれからも得点を取れないときでも、戦術的に彼の役割はチームにとって重要なものですので、これまでもしっかりやってくれていますが、これから先も引き続きチームのためにしっかりと得点を取ることもそうですし、戦術的なことも遂行してもらいたと思っています。今、レイソルにとってどの選手もそうですけど、非常に重要な選手だと考えています」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ