【サッカー人気4位】【J2第8節:山形vs長崎】プレビュー…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

高橋峻希「アシストの場面は、最初の1枚目のディフェンダーの頭をしっかり越えることを意識しながら蹴った」/J1 第2節 柏 vs 湘南【試合終了後コメント】-無料記事-

○高橋峻希

−先日、SBから攻撃の厚みを出したいという話をされていましたが、1点目がアシスト、2点目でもヒシャルジソンを追い越すランニングを見せました。今日のプレーについてはいかがですか?

「アシストはできましたけど、一番は勝てたことが良くて、そっちの方が僕の中では満足しています」

 

−先制点の場面は、ピンポイントであそこに入れるという呉屋選手との連携があった?

「普段から結構上げてくれと要求されていて、最初の1枚目のディフェンダーの頭はしっかり越えることを意識しながら、そうしたら(呉屋)大翔がうまく合わせてくれたので、大翔のゴールですね。僕は蹴っただけです」

 

−リーグ戦は2試合フル出場ですが、昨年は出たり出なかったりという状況が続いた中、良い滑り出しになりましたか?

「いや、開幕戦とルヴァンカップ、直近で出させてもらって、それで負けが続いてしまったので、本当に僕自身後がないというつもりで今日の試合に臨んだので、それが勝利という形で結果につながったので、そこの部分は良かったと思います。常に危機感を持ちながらやれています」

 

−湘南の山田選手と違うチームで同じピッチに立ったことについては?

「本当に小学校から一緒にやっている仲なので、まだこの年になってもJ1のピッチで戦えることは本当に良くて、でも対戦相手なので今日は負けたくないという気持ちで臨みましたし、でも岡本拓也選手に決められたのは悔しいです」

 

−今日はWBでしたが、前の2試合と比べてプレーしやすかった?

「まったく4バックと3バックでは役割が違うんですけど、今日に関しては前目のポジションなので、攻撃の厚みの方に意識をかけてみました。それが先制点につながったと思うので、どっちのフォーメーションでも自分のらしさをしっかり出せていけたらいいと思います」

 

−連戦が続いてポジション的にもハードだと思いますが、コンディションはいかがですか?

「今は充実しているというか、サッカー選手は試合をしてナンボだと思いますので、まずしっかりと試合に絡むということで、コンディションよりも試合をやれる喜びの方が僕の中では一番強いです。それで出た中で自分の力をどれだけ発揮できるかを心がけて今はやっています」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ