0‐7の処方箋(J論)

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

大南拓磨「後半になって自分たちがボールを持つ時間が増え、前への推進力が生まれた」/J1第7節 横浜FC vs 柏【試合終了後コメント】-無料記事-

○大南拓磨

−後半途中から仲間選手、サヴィオ選手のダブルボランチになり、攻撃のギアが上がりましたが、その変化について?

「後半になって相手が勝っている状況だったので、相手も前に前にというよりは後ろに引いて、後ろに重たくなっていたので、その中で自分たちの時間が増えて、自分たちがボールを持てる時間が長くなったので、その中で前への推進力は生まれたと思います」

 

−2試合連続で右SBでプレーしましたが、特に後半はSBとしてバランスを取ることも意識したと思いますが?

「攻撃になったらサイドに張りながら高い位置をとって、サヴィオが落ちて、その中で自分がスペースを空けたり、そういうところを意識してやっていました。守備になったらしっかり絞りながらワイドのケアをしようと考えながらやっていました」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ