【サッカー人気3位】「年齢に関係なく誰よりも活躍したい。そ…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

大分戦の決勝点はチームとして準備していた形だったのか? あの局面を神谷優太が振り返る【コラム】

前節大分戦の53分、神谷優太のPKは大分GK高木駿に止められたものの、誰よりも早くこぼれ球に反応した江坂任がこれをプッシュ。この得点が決勝点となり、柏は今季初の連勝を飾った。

試合後、リモート取材に応じた江坂は「優太の蹴るタイミングもわかっていたので、そこに合わせてうまく入れた」と得点の局面を振り返り、最初はやや後ろ寄りのポジションに立つことで助走をつけ、ペナルティエリアに入ったときにはすでにスピードに乗った状態だったため、大分の選手を追い抜いてボールにアプローチができたことを明かした。

(残り 609文字/全文: 854文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ