【サッカー人気5位】リカルド監督が戦術理解度が高まってきて…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

いかなる状況になろうとも焦れず、自分たちから崩れないことが求められる/J1 第14節 柏 vs FC東京【プレビュー】

2021明治安田生命J1リーグ 第14節

柏 vs FC東京

三協フロンテア柏スタジアム 16:00KO

 

〔過去5戦の対戦結果〕

2021年1月4日 ルヴァン杯決勝 ●1−2 H 得:瀬川

2020年10月28日 J1第30節 ○3−1 A 得:江坂、クリスティアーノ2

2020年7月4日 J1第2節 ●0−1 H

2019年4月24日 ルヴァン杯GS4 ●0−2

2019年3月6日 ルヴァン杯GS1 ○2−1 H 得:オルンガ2

2018年8月15日 J1第22節 ○1−0 A 得:瀬川

通算成績:21勝19敗7分(ホーム通算:11勝11敗4分)

 

〔展望〕

23日間で6試合を戦った連戦がひと息つき、約1か月ぶりに1週間の準備期間ができた。

チャンスを作っても仕留め切れない決定力不足、セットプレーからの失点、ビハインドを背負った後の拙攻など、福岡戦では柏が抱える課題が散見されたが、来週からまた連戦に入るため、課題を修正するうえで今週の準備期間は非常に重要である。

改善すべき点はそれぞれの選手のポジショニングをしっかりと見直すこと、そこに修正をかける。かつ組織的に戦うという姿勢をもう一度取り戻す」(ネルシーニョ監督)

(残り 769文字/全文: 1258文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ