【サッカー人気2位】西のビッグクラブから届いた獲得オファー…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

勝点3を獲得するには至らなかったが、プランどおりの展開に持ち込んだ戦い方は状況を打破するきっかけになり得るか/J1 第15節 横浜FM vs 柏【レビュー】

2021明治安田生命J1リーグ第15節

横浜FM 1−1 柏

日産スタジアム 17:03KO

得点者:82分 イッペイ シノヅカ(柏)、86分 松原健(横浜FM)

●スタメン

GKキム スンギュ、DF川口、上島、大南、古賀、MF椎橋、ドッジ、神谷、仲間、FW江坂、細谷

スタートから4バックシステムで臨むのは第8節の鹿島戦以来7試合ぶり。その狙いをネルシーニョ監督は次のように解説した。

F・マリノスは強烈なアタッカーがライン間を流動的に動きながらポジションを変えて攻撃の形を作ってくる。そういう相手に対してまずはセンターのレーンを固めて、ライン間で動き回る選手のマークを補強することにポイントを置いていた」

コンパクトな4−4−2の守備ブロックを構築し、選手間の距離を狭めた中で、コースを限定しながら流動的に動く相手を捕まえられるか、この試合の守備ではそこが鍵となった。

(残り 1699文字/全文: 2099文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ