【サッカー人気1位】【フォトレポート】9日間のオフが明け再…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

ネルシーニョ監督「悪いことばかりではなかったので、我々としては継続していきたい」/J1 第18節 広島 vs 柏【試合終了後コメント】

○ネルシーニョ監督

「今日のゲームプランとしては良い守備からのカウンター、そこを選手たちに伝えてこのゲームに臨みました。守備は序盤からしっかり守ってくれて、良い守備から攻撃に出ていく一連の流れはよくできていたと思いますが、そこからいくつか相手ゴールを脅かすシーンも作れていましたし、ただ押し込んだところでのラストパスの精度や、相手との競り合いのところで一歩及ばず、決めきれずに敗戦を喫してしまいました。最後の質が足りず、決めきれずにこういう敗戦を喫したという試合だったと思います」

 

−苦しい状況だが、ここからチームが上がっていくために求められることは?

「もちろんこの結果に誰も満足していないですし、ただこの状況であっても誰一人として諦めている選手はいません、選手はトレーニングからしっかりやろうとしてくれますし、この状況を変えるには勝つしかないと、勝点を積んでいくしかない、その中で順位を上げていくしかないだろうと、そこはチーム全体の共通認識として取り組んでいますので、雰囲気が悪い中でもこの7試合は確かに結果は出ていないですが、チャンスは作れている、決めきるという最後のところ、そこの精度を上げて点が取れるチームにしていかないとこの順位を変えていくのは非常に難しいとは思います。ただ、誰一人として諦めていませんので、我々としてはこのまま戦いを続けていくだけだと思います」

 

−中断期間の取り組みで今日発揮できたもの、見えてきたものは?

「選手たちにも言ったんですが、この状況で負けて誰一人として満足している選手はいないだろうと、ただその中にも中断期間に我々がチームとして積み上げてきたものが見られた時間帯もありました。悪いことよりも良かったことの方が多かったゲームだったと我々は捉えていて、スペースをうまく活用するなど、実戦でこれまでやってきたことが随所に見られました。ポジショニングや、選手は相当タイトな日程をこなしてくれていましたので選手の疲労を回復させることを含めて悪いことばかりではなかったので、我々としては継続していきたいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ