【サッカー人気1位】川端暁彦と五輪GL総括「予定外の事も良…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

これが3週間の中断期間の成果?/J1 第18節 広島 vs 柏【レビュー】

2021明治安田生命J1リーグ 第18節

広島 1−0 柏

エディオンスタジアム広島 19:03KO

得点者:78分 佐々木翔(広島)

●スタメン

GK佐々木雅士、DF高橋峻希、高橋祐治、大南拓磨、古賀太陽、MFヒシャルジソン、ドッジ、神谷優太、クリスティアーノ、仲間隼斗、FWアンジェロッティ

 

自陣にコンパクトなブロックを作った中で、相手ボールホルダーへプレッシャーがかかり、しっかりと規制した上で入ってくるパスに対してジャストのタイミングでアプローチに行けるのであれば、相手にボールを持たれる時間が長くなるのは一向に構わない。

ただ、同じボールを持たれるにしても、前からまったくプレッシャーがかからず、相手ボールホルダーに多くの選択肢を与えてしまえば、危険な場面が増えてしまうのは当然のこと。

開始1分、佐々木翔の縦パスが森島司に入り、さらにパスを受けたジュニオール サントスのミドルシュートがポストを叩く。この立ち上がりのシーンにも象徴されるとおり、広島のビルドアップに対してプレッシャーがかからず、ダブルボランチの青山敏弘と川辺駿だけでなく、ときには最終ラインの選手から柏のボランチ脇、またはボランチの背後へ縦パスを通され、そこで受ける森島、浅野雄也に起点を作られていく。

(残り 1075文字/全文: 1607文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ