【サッカー人気1位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

戸嶋祥郎「ゴールできたのは良かったですけど、他のシーンではなかなか入り込むことができなかった」/天皇杯3回戦 柏 vs 京都【試合終了後コメント】

○戸嶋祥郎

−得点シーンについて。

「まずサイドでペドロ ハウル選手が起点になって、だいぶ中にスペースがあるように見えたので、思い切ってランニングして、彼が丁寧に左足でクロスを上げてくれたので、僕は当てて、ふかさないことだけをイメージして、それがうまくゴールに入ってくれました」

 

−今季のチームの課題に、攻撃時にゴール前の枚数が少ないということがあります。戸嶋選手は今まで上で見ていて、自分が入ることでそういう部分も改善しようと思っていた?

「やっぱり後ろが5枚な分、前に人が少ないというのはあるので、最低限2列目の僕はペナルティエリア付近まで入っていかなければいけないですし、今日のようにチャンスに絡んでいかなければいけないとずっと思っていたので、ひとつゴールでそれを表現できたのは良かったですけど、他のシーンでなかなか入り込むことができなかったので、それが残念です」

 

−2トップにパワーがある分、そこに頼る傾向が強かったです。そこでも課題が残った?

「できれば握って、自分たちでボールを保持する時間を増やしていきたいですけど、やっぱり前線に特徴のある選手がいるので、そこを活用しつつ、ただ頼りすぎな部分も多いので、アバウトに放り込むだけじゃなくて、アバウトに放り込んでも、2列目、3列目からサポートしてというのは足りないと思います。特に僕のところでサポートはやっていかなければいけないと思います。前の人の近くで良いプレーができるようにしたいと思います」

 

−ケガから復帰後、試合出場を重ねてコンディションも戻ってきた?

「僕自身まだまだそこは、不安はないですけど、今日も80分ぐらいの出場でしたし、90分できていないので、そこに対する評価はできないので、まずは90分戦えるようにしたいですし、今日も前半の最後の方とか、思うようにプレスに行けなかったり、サポートにいけないこともあったので、やりながら上げていくしかないですけど、まだまだ自分としてはできると思います」

 

−前節は10人の相手に負けて、今日は逆転負け。試合の主導権を握れずに入れ替わってしまう原因は?

「失点が毎試合してしまっているのが現状なので、ゼロに抑えることにはもっとこだわっていかなければいけないと思うし、もちろん組織的に守ってというのもあるんですけど、最後体を投げ出してとか、掻き出してというシーンももっと作っていかないと、なかなか相手に決められてしまうシーン作られてしまうので、そこを改善しないといけないと思います。前回もそうですし、ゼロに抑えていればスムーズに試合を運べていたと思うので、そこで失点してしまわないようにしたと思います。どうしてもそこに隙があるというのが今のチームの現状だと思うので、次の試合からちょっとずつですけどなくして、失点する確率を下げていきたいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ