【サッカー人気5位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

三原雅俊「一人ひとりの個性をみんなが理解して、もっとみんなが個性を尊重し合うようなプレーをしないといけない」/天皇杯3回戦 柏 vs 京都【試合終了後コメント】

○三原雅俊

−失点シーンの局面以前に、試合全体のチームとしての運び方に単調なシーンが多いと感じますが?

「その通りだと思います。単調だし、攻撃に厚みがないので、行ったら行ったきり、なかなか自分たちでコントロールできなかったです」

 

−チャンスもあったが意図した形に持っていけないところが、今日の結果に限らず今のチーム状態にも出てしまっている?

「そうですね。もっと自分たちで自信を持ってプレーしないといけないと思います」

 

−三原選手はいろいろポジションを取っていましたが、もっとボールホルダーに逃げ道を作る、セカンドボールを拾う、そういう動きをチームとして模索している状況?

「いや、(今の時期に)模索していてはダメだと思います。もっと個人個人の個性に、ペドロに向けてロングボールを蹴るのもチャンスになりますし、(北爪)健吾が裏に抜けているときに裏に出せばチャンスになるので、逆に(古賀)太陽が持ったときはもっとみんなが足元で受ける準備をするとか、一人ひとりの個性をみんなが理解して、もっとみんなが個性を尊重し合うようなプレーをしないといけないと思いますし、それがチームだと思うので、もっともっとそういうところを高めていかないとチームとして上がっていかないと思います」

 

−三原選手自身、出場機会が増えていますが、その中で三原選手が意識していることは?

「僕個人的には、もちろん試合に勝つことがいちばんの目的で臨んでいますし、その中でも状況があまり良くない時こそ、先頭に立って自分がしっかりプレーできるように、苦しい時こそ何ができるかを常に考えています」

 

−後半途中もペドロ ハウル選手がイライラしている時も、三原選手が止めに入るシーンもありました。

「あのシーンに関していうと、ペドロが小突かれたらチーム全員で相手に向かっていかなければいけないですし、もっともっとチームとしてまとまっていかなければいけないと思います」

 

−前節は10人の相手に負けて、今日は逆転負け。こうした雰囲気を変えるために必要なことは?

「一人ひとりで何かをするんじゃなくて、チームみんなで立ち向かっていかないといけないと思いますし、そのためにはさっきも言いましたけど、一人ひとりがもっと個性を出してやっていくべきだと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ