【サッカー人気1位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

ネルシーニョ監督「入りから終わりまで非常に良い戦い方ができた」/J1 第22節 柏 vs 鹿島【試合終了後コメント】

○ネルシーニョ監督

「今日のゲームは入りから良いテンポで入れたと思います。相手の鹿島も勝利を懸けて序盤から激しくハードワークをしてきたという試合だったんですが、なんと言っても鹿島は前線に強烈なアタッカーが揃っていて、モビリティ、クオリティ、いずれにしても質の高いチームだったと思うんですが、ただそういう相手を前に我々の選手は最後まで戦ってくれたと思いますし、相手のストロングをうまくニュートラルにしながら、相手にスペースを与えず、入りから終わりまで非常に良い戦い方ができたんじゃないかと思います。守備も非常に堅い守備ができたと思いますし、そこからボールを引っ掛けてのカウンターも、非常に良い形を作れていたと思います。今日の試合は我々にとって大事な結果ですし勝利だったと思います。この中断期間は、まずしっかりと選手に休みを取らせるということで最大限フル活用をして、この中断明けからまた良い準備をして、高いクオリティで後半戦を戦えるようにつなげていきたいと思います」

 

−2点目のシーンは大南選手があそこまで入ってきたことが大きかったと思いますが、これまではクリスティアーノ選手、ペドロ ハウル選手にボールが入ってもサポートする選手が少なかった中で、今回の試合を前に選手たちにサポートの動きを要求したのでしょうか?

「いつも前線にボールが入った時に2列目の選手がスペースを見つけて入ってくるというのはこれまでも言ってきましたが、それは(大南)拓磨に限らず、古賀太陽もそうなんですが、3バックでプレーしているときでも、相手のアタッカーの出てきたスペースを見つけて入っていくということは、これまでもずっと言ってきました。拓磨はSBでプレーをしたときもああやってスペースを見つけて自分で入る、攻撃に参加することを得意としている選手ですので、これまでもずっと彼のことを見てきた中で、彼の特徴としてそこを活かさない手はないだろうと彼に伝えてきました。そこが今日は得点に結びつけてくれた、非常に高いクオリティで勇気を持ってあそこに入ってきてくれたので、非常に良い働きをしてくれたと思います」

 

−上島選手が5試合ぶりの出場で良いプレーをしていましたが、この試合で上島選手を抜擢した理由は?

「彼が試合に絡んでいなかったのは良くなかったからという単純な理由です。ただ、その中でも彼は気落ちすることなく普段のトレーニングから本当に献身的にトレーニングに励んでくれました。自分と向き合いながら準備を重ねてきてくれました。いつかくるであろう出場機会に真摯に向き合って準備をしてきてくれた結果が今日のゲームだったと思います。(高橋)祐治もコンディショニングがまだ思うように上がってきていないので、彼を今日起用したわけですけど、今日のゲームにおいて彼は重要な役割を担ってくれたと思います。良いタイミングでスペースを見つけ、攻撃の起点にもなっていましたし、彼のストロングである空中戦もゲームの中で何回も見られました。今日のような彼のゲームの入りは、彼にとっても良いことですし、この先チームが戦っていく上でもチームにとってもポジティブな要素だと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ