【サッカー人気2位】【J激論】前田大然の”飛び立ち”と”マ…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

古賀太陽、中断期間の取り組み、そして再開へ向けて【インタビュー】

○古賀太陽

――中断前最後の鹿島戦は非常に良い試合ができました。あれだけ良い試合ができた要因をどのように考えていますか?

「一番は守備がうまくいったことだと思います。今までもずっとネルシーニョ監督からは球際や守備の強度を求められてきましたが、それを気持ちよく発揮して、そこにパワーを費やせる守備の追い込み方や、守備のハメ方ができた試合でした。それはもちろんシステムの問題もあるとは思いますけど、そういうのを含めて、守備の部分では選手それぞれが自分の役割を理解したうえで、そこにパワーを使えたからこそ、ああいう試合展開にできたと思います。もちろん失点もしていますし、まだまだ改善しなければいけない部分は多いですけど、鹿島戦でできた守備の部分はポジティブに捉えていいと思います」

 

――最後に失点をしましたし、危ないシーンも何度かありました。しかし全体的には、自陣のゴール前の攻防で上回っていた印象です。

「最終ラインが人に対して強くアプローチに行くことができていましたし、クリスのゴールも(上島)拓巳くんが潰しにいったところが起点だったので、誰が前に潰しに出て、誰がカバーをするという関係性がはっきりしていました。課題はまだありますけど、今までの試合と比べてもピッチ内でやられている感覚はなかったですし、やられそうだなという雰囲気もそんなになかったです。ただそれは最終ラインだけが良かったのではなく、前線の選手も前から奪いに行くところと行かないところの使い分けをうまくやってくれました。そのおかげで後ろの選手が前に出て相手を掴みにいけるようになりましたし、そこを潰せたことが良かった点です。やっぱり、良い試合をするには良い守備をすることが大前提だと思います。うまくいかないときもありますけど、その時は試合中に改善できるようにしなければいけないので、守備の部分はもっと集中してやっていく必要があると思います」

(残り 3464文字/全文: 4262文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ