J2昇格&残留争いはどうなる?LIVE(J論)

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

戸嶋祥郎「今日はより自分の理想に近いプレーができた」/J1 第27節 柏 vs 横浜FC【試合終了後コメント】

○戸嶋祥郎

−セットプレーで失点はしたが流れの中では抑えていました。チーム全体の守備について。

「ここ数試合はチームとしてどこを抑えてというのが共有できているので、実際に勝点を積み重ねていることにもつながっていますし、相手の特徴やどこで潰すかというのはわりと整理して入れたと思いますし、試合までの時間は短かったですけど、今は勝利も増えていますし自信もありますし、やられるところは少なかったと思います」

 

−戸嶋選手自身も今日はボールを奪うシーンや、相手のカウンターの芽を潰すシーンがあり、攻撃では瀬川選手の得点になりましたが素晴らしいボレーもありました。ケガからの復帰後、今日は初めての90分で状態も上がってきたのでは?

「今日の収穫として90分出られたというのが、どんな形であれよかったと思いますし、ラッキーですけどアシストもついて良かったと思います(笑)。そのへんコンディションは自分の中でどんどん上げていきたいと思っていますし、まだまだできると思っているので、戦術面だけじゃなくてフィジカルの面でも自分ではトライしていきたいと思います。徳島戦を終えて監督から喝を入れられたので、そのへんもあとがないと思って(苦笑)、最初からやれということなんですけど、より気を引き締めて入った結果、まだまだではありますが、より自分の理想に近いプレーはできたと思います」

 

−以前は最終ラインのところで踏ん張るシーンが多かったですが、今日は戸嶋選手とヒシャルジソン選手がかなりボールを奪っていました。それは瀬川選手と細谷選手が規制をかけてくれるから奪いやすくなったということ?

「今日は5−4−1にして、相手のシステムと噛み合わせを良くしたぶん、出どころを抑えたり、前から全員ではめたりする形をより作れていたと思います。前線の追いの結果、後ろも限定されていて、制限しやすかったというのはあります」

 

−ネルシーニョ監督からは、どのような喝を入れられたんですか?

「守備のところでスペースを消す動きであったり、味方のカバーリングをすることはまずまずだったと言ってもらったんですが、一番大事な1対1でボールを奪い切ったり、ボールにチャンレンジしたりというところが生きていなくて、本来そこが僕の良さだとおっしゃっていただいたので、自分としてはそこでもっとボールに行かないといけない、球際は強く行かなければいけないと思って試合に入りました」

 

−ネルシーニョ監督は60でも70でもいいから出し切ってくれと言ったと言っていましたが?

「本来、90分通して戦える選手が出るべきだと思うんですけど、ある意味チャンスを与えてくださっているというのは60分でもいいからと聞いて感じましたし、本当にそのチャンスがいつまでも続くとは思っていなかったので、早く自分の求めるプレーができるようにというのは強く感じました」

 

−また、ネルシーニョ監督は今日のプレーについては良い意味で裏切ってくれたとも言っていました。裏切れた要因は?

「80分あたりに足が止まってしまったので、点差や流れもあってなんとかという感じでした。もちろん他の選手が僕の空けた穴をカバーしてくれたというのもあって、みんなに助けられたので、逆に今度は自分は周りを助けて90分で勝ちたいという思いがありました。気合の部分が大きかったと思います」

 

−アシストになったボレーシュートのシーンは、かなり狙いすましていましたが、一連の流れについては?

「ボールを奪った瞬間を考えれば、もっと効率的にゴールに直結するプレーを考えなければいけなかったし、一番は自分がシュートを打つ選択がベストだったと反省していますけど、最後こぼれてくるシーンに関しては、ボールをミートすることだけを考えて、一応枠にはいったと思うのでそれがゴールにつながったのは良かったと思います。(瀬川選手に)当たっていなかったらGKの正面だったと思うので、そこは隅に決められるように頑張りたいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ