【サッカー人気1位】【浦和を語ろう 特別編】元川悦子だから…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

ネルシーニョ監督「勝点1を積めたことは次節につながる」/J1 第31節 柏 vs 仙台【試合終了後コメント】

○ネルシーニョ監督

「非常に難しい試合になるだろうと予想はしていたんですが、事実上の直接対決ですので、相手も当然アウェイゲームながら勝ちにきていたと思います。このリーグ戦、両者にとってラストスパート、是が非でも勝たなければいけない、両者にとって非常に大事なゲームだったと思います。前半、集中が切れたところでああいった失点を許してしまい、ここ数試合ああいった失点が続いていましたので、当然ながらあの時間帯に失点を許してしまったことで相手も勢いづいたんですが、我々としては諦めずに落ち着いてゲームを進めていこうということで、ピッチの外から声をかけて、ハーフタイムに入って二枚替えてからは、後半は非常に良いテンポでボールを動かしていたと思いますし、我々がほぼ相手陣地でボールを握る展開になったと思うので、これというのも選手が諦めずに戦ってくれた結果だと思います。この引き分けという結果は求めていたものではないですが、しっかりと勝点1を積めたということは次節につながる試合になったと思いますし、2週間開きますので次節に向けて準備をしていきたいと思います」

 

−ここ数試合途中出場で攻撃にテンポを与えていた神谷選手を今日はスタメンに抜擢しましたが、その抜擢理由と彼の評価について。

「ケガから復帰してガンバ戦は途中から入り、あのゲームのファーストオプションは瀬川だったんですが、瀬川がケガに見舞われて、途中から入って得点も決めてくれましたし、スピードがあり、自分で仕掛けられて、フィジカルも強くて守備も献身的にやれるというところでは、今まさにチームが求めている選手であることは間違いないですし、だから試合に出ているわけで、この2試合で2得点を決めていることからも分かる通り彼自身非常に調子が良いです。ただ、これからも試合に絡んでくると思いますし、試合に出場していく中でまだまだ伸びしろのある、もっともっとよくなっていく選手だと思います」

 

−勝点3を取れれば大きかったですが、勝点1でも前進したと感じていますか?

「ここであえて技術・戦術の話ではなく、今日取った勝点1を今チームが置かれている状況、順位表を見たときに、今日戦った対戦相手と勝点10開くわけです。もちろん我々としては勝って勝点3を取ることが狙いだったんですが、たかが勝点1、されど勝点1、ここで勝点1を積めたことがこの先戦いを進めていく中で非常に大きな違いをもたらしてくれると思っています。これは数字を見ても明らかだと思います。あと、技術的なところ戦術的なところを言うと、前半は我々が思うようにボールを動かすことができず、ちょっと雲行きが怪しいと思っていたんですが、後半に入ってから我々がしっかりとボールを動かし、自分たちのテンポで狙いどおりに攻撃プランを遂行できたと思います。これというのも選手が最後まで諦めずに戦い抜いた結果だと思うので、今日我々が積んだ勝点1は非常に重要な勝点1だと見ています」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ