【サッカー人気1位】降格を受け止めたら『クラシコ』を観てほ…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

神谷優太「あの狭い中で一瞬シュートコースが見えたので、シュートを振りました」/J1 第31節 柏 vs 仙台【試合終了後コメント】

○神谷優太

−得点シーンはスペースもなく、相手選手も来ている状況だったので難しい局面でしたが、あのシーンを振り返ってもらえますか。

「相手が守備重視になっている中で、ゴール前で侵入できない状況が多々あったんですけど、その中でディフェンスと相手の中盤がすごく空いているとミーティングでも言われていましたし、試合でもそれを感じていました。そこに入ったら、少しでも隙があったらシュートを打ってみようという感じだったので、振ってみた結果がゴールにつながった感じです」

 

−相手選手も2枚ほどシュートブロックに来ていました。当たってコースが変わって入るというイメージも持っていた?

「もちろんそれもありますし、あの狭い中で一瞬シュートコースが見えたので、そこは打たないと入らないと思い、シュートを振りました」

 

−GKの手前でバウンドして相手も処理しづらいシュートでした。

「バウンドはあまり気にしなかったんですけど、枠に行くことを考えましたし、見たコースが枠内のコースだったので、振った結果だったと思います」

 

−同点ゴールの直後にも神谷選手がゴール前で相手のタイミングを外した惜しいシュートがありました。ああいうプレーを見ても神谷選手らしいキックの感覚が戻ってきている印象を受けました。

「もちろんああいう感覚が練習から常に自分の中であると思っていましたし、それが試合と練習では全く違うものなので、ただ練習し続けた結果が出たことは嬉しいですし、練習し続けることが一番大事だと思います」

 

−あれだけ押し込み、逆転までいきたかったと思いますが、ひっくり返すには何が足りませんでしたか?

「最後の質だと思います。結局最後の質が高ければ高いほど点は入りますし、そこは僕自身もそうですけど、もっともっと質にこだわって練習からやっていけたらいいと思います」

 

−前節、後半から採用した4バックを今日はスタートから使いました。選手たちの4バックへの手応えは?

「悪くはないと思います。今日は相手が守備重視のチームだったので、僕たちがボールを持つ時間も多々あったと思うんですけど、その中でもっと崩し切るには早いボールの動かし方であったり、間を狙うタイミングは3バックと4バックでは違ってくるので、そういうところは練習で合わせていけたらいいと思いますし、もっともっと動かして相手を疲れさせるプレーができたら良かったと思います」

 

−3バックと4バックで違ってくるというのは、より前に人数が多いということ?

「3枚で回すのと4枚で回すのでは違うと思うので、そういう部分では難しいと思いますけど練習していくしかないと思いますし、3枚でも4枚でもできたら相手も混乱すると思うので、そういうことができるようになるしかないと思います」

 

−守備重視で後ろにベクトルがいくというよりは、4バックの方が攻撃に意識がいきやすい?

「特にそこまで感じないですけど、3にしても4にしても、攻撃的なスタイルになるのは変わらないので、そこは自分たち自身のことです。3でも4でも良い崩しができたらいいと思います」

 

−2試合連続ゴールですが、個人的に結果が出ている要因は?

「練習してきた成果ではあると思うんですけど、時には運も必要だと思いますし、たまたまああいうコースが空いたから振れたということもあって、普段から練習していれば結果は身につくんだと、また改めて思いました」

 

−特に意識して練習したことはありますか?

「特に変わらないですけど、サッカーを始めてから試合で起こることを意識しながら練習はいつもしています」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ