【サッカー人気2位】岩尾憲が関根貴大を「浦和を担っていく重…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

椎橋慧也、チームを掌るボランチへの飛躍【コラム】

椎橋敬也は、今季新加入ながらボランチの選手の中ではチーム最多の25試合に出場している。チーム全体でも古賀太陽、キム スンギュに次ぐ三番目の数字だ。

夏場にはメンバー外になる時期もあったが、そこは「競争の激しい環境に身を置きたい」と自らが望んだ道。

「試合に出られない期間もあったけど、それも自分自身を見つめ直す良い時期になりました。(スタンドの)上から試合を見ることで感じることもありましたし、それは当たり前のように試合に出ていたときには分からなかったことなので、それを感じることができて良かったと思います」

昨季の仙台ではボール奪取率リーグ4位の数字を残した。柏加入時にも、椎橋は「ボール奪取やインターセプトには手応えを感じている」と自身のストロングポイントを挙げた。

(残り 1084文字/全文: 1415文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ